現代美術とCGアートの謎と疑問に答えるQ&A もくじ
電子美術館のQ&A

124 現代貨幣理論と現代芸術理論はなぜ難しい

二十一世紀国際地方都市美術文化創造育成活性化研究会
2019/5/1

――先に聞きたいのですが、究極の答は何ですか?

理解が難しいのは、知識と先入観のせいでしょう。先行する知識が理解をじゃますると、中学一年の時に気づきました。理科の第一分野、化学系、ばけがくの先生が、私たち生徒に教えるのに苦心しました。途中で言われたのは、「これまで覚えたことを、ここでは忘れてください」。

――MMTという新しい経済理論が、平成最後の2018年に急に話題になり、大変なことになっていますが?

MMTはお金の説明です。『モダーン・マネタリー・セオリー』を『現代貨幣理論』と訳せます。マネタリーは貨幣なはずが、『現代金融理論』の訳もあります。金融はファイナンスだから受け取り方がずれます。思想や哲学的な意図がないので、セリフでなくト書きふうの理論です。信条やテクニックを含まない、お金のウンチク集といえます。

――MMT、現代貨幣理論は、どういう理論ですか?

実はとてもシンプルです。(1)自国通貨建ての政府負債は、いくら増えても破綻はない。(2)現実に増やせる国債の量は、商品需要と供給の兼ね合いによるインフレ率で決まる。(3)政府の赤字負債は、民間の黒字資産となる。

――三つのそれぞれは、どういう意味なのですか?

国債は日本国政府が発行し、一般銀行と一部投資家が買います。政府名義の日銀当座預金を担保に、政府は振替操作で民間に支払い、民間の所得になります。(1)は外貨でない自国通貨の国債を発行し続けても、行き詰まりが原理的に絶対に起きない意味です。なぜなら自国通貨は中央政府内の貸し借りの意味だから。急に全部返そうにも、返す相手が自分自身なので。

――貸した自分が、借りた自分に、途中で払い戻せと請求しなければ済みますね(笑)?

現にやっており、日本の貸し借りは明治時代から増え続けて1100兆円です。大部分は国債発行残高であり、経済大国ほど大きくなります。国債が自国通貨建ての安全国は日本、アメリカ、カナダ、イギリス、スイス、オーストラリアです。ユーロが統一通貨のEUは失格で、EUの一員ギリシャはドイツから借りたユーロが、デフォルトと呼ぶ返済不能になりました。それが財政破綻です。アルゼンチンやロシアも、過去にドル建ての借金が返せなくなり、財政破綻しました。他国通貨だと全額を返す日が来て、借り換えもできないからだめなのです。

――(2)の、上限がインフレ率で決まるとは、どういう意味ですか?

原理は無限に増やせるとしても、実社会でどこまで増やせるかの目標です。お金は政府の判断で発行しますが、多めに出回ればインフレ基調になります。インフレーションは物価が上がり、お金の価値が下がる現象です。お金の流通が多すぎると、お金の価値が大きく下がり超インフレになります。理想は適度なインフレです。

――インフレーションの実例は、何かありますか?

例えば日本で1960年代に、『チロルチョコレート』というお菓子は、一個10円だったのが20円、30円と上がりました。この値上げもインフレーションでした。10円玉の値打ちが、半分や3分の1に徐々に下がった意味になります。お菓子のインフレ率は年20パーセントにみえました。

――インフレになると、大変なことになるのですね?

認識が逆です。インフレは好景気で、給与や報酬やボーナスなど所得が、物価以上に上がります。人件費も物価です。チロルチョコの時代は、国民全員が裕福になった高度成長でした。各国は適度なインフレで経済成長させたいわけで、インフレ下では美術も伸びて傑作が増えます。国民みんなが色々チャレンジする金銭余裕ができるから。

――でも国債を無限に増やすなんて、やれば大変なことになると大騒ぎでしたね?

誰もやらないから無駄な心配です。例えば定食屋でごはんのおかわりが無料で自由でも、内蔵が破裂するまで食べる人はいません。死ぬまで食べる義務はないし、腹十分や十一分にとどめるものです。望ましいインフレは腹十一分で、十二分だと多い。チロルチョコが千円では困る。そんな普通の話がMMTです。理想目標のインフレ率は2から4パーセントで、2万パーセントは不適切です。

――でもインフレになるかどうかは、先が読めませんね?

読めないのは理解不足でしょう。どんな分野でも原理を知らないなら、何もできません。芸術がさっぱりわからないのと、そこは違わないでしょう。

――難しいから理解できないのではなく、理解できないから難しいわけですか?

芸術より数倍難しい経済も、原理は簡単です。もしインフレ率が6パーや10パーに上がれば、消費税増税で冷や水をかければ、国民は買い控えを始め消費が鎮火します。再びインフレ率は4パーや2パーに落ち、理想へ戻せます。これを自動化する仕組みが、所得税の累進課税です。所得が下がれば税率までが下がる手加減を含みます。デフレ不況に追い込まれてヤケクソになり、歩行者天国テロや国家てんぷく、国を売って換金したり、クーデターや共産主義革命へ走る者を阻止できます。

――もし増税で消費が冷えすぎて、勢い余ってインフレ率が下がりすぎたら何が起きますか?

それが平成時代の日本でした。増税でインフレ率がゼロを下回り、ついにマイナスに割り込みました。マイナスのインフレ状態がデフレです。インフレは好景気の好況で、デフレは不景気の不況です。平成日本では人類史上最長のデフレ不況を記録中です。始点となったアメリカ金融がはじけたのは1988年、昭和末期のバブル消費ブームがはじけたのは1992年(平成4年)の後でした。

――日本は今も、バブル経済が崩壊した続きでしたね?

バブルの5年後の1997年が「日本は終わった」説の起点に当たり、不景気の中で消費税率を上げる逆走した政策で、MMTの法則どおりデフレ国となりました。以降は22年間もデフレ不況を続け、有力大手企業が次々と倒産して外国へ身売りし、ブランドと技術をインフレ国に買い叩かれました。斜陽は日本の国際発言力低下にも表れ、自滅を知った周辺国から領土を攻められました。令和時代の初日2019年5月1日も、引き続きデフレ不況での真っ暗なスタートで、政策も逆走を強めるところです。

――インフレとデフレは、一長一短ではないのですか?

インフレは金余りで、デフレは貧困化です。デフレは国難なのでブラック企業やら、無差別テロや戦争願望も生じます。あまり知られない事実ですが、第二次世界大戦はデフレが発端の国際集団パニックでした。1929年の大恐慌と呼ぶデフレ不況で各国が傾き、ドイツと日本が他国へ侵攻して、連合国が食い止めました。日本の場合、高橋是清がMMT方式で財政出動を行いましたが、直前までデフレ下の緊縮財政というミスが尾を引き軟着陸できず、2.26事件。経済安定セオリー不足もあり覇権国へ向かいました。一度国民が飢えると気が立ち、狂い出します。

――平成日本のデフレ不況だけが、今も異常に長く続いているのはなぜですか?

普通の国でポツンと一人日本だけが経済成長せず、デフレ不況の人類記録を更新し続けている理由は簡単で、本来の解決策とは逆を続けているからです。凍えた人を水風呂に入れたり、やせた人にダイエットさせる経済対策のせいで、何もしないより悪化しました。逆走の内訳は緊縮財政と消費税増税で、逆走する動機は諸説あります。国会議員馬鹿説から国際金融陰謀説まで。

――MMTの(3)政府の赤字負債は、国民の黒字資産となるとは、どういう意味ですか?

赤字額が大きく増えるほど国が富む原理です。平成時代の耳タコに、「日本の借金は700兆円」がありました。800兆、900兆、1000兆と増えて、平成時代の最後には1100兆円でした。この借金はもう知られるように虚偽で、厳密には政府の帳簿上の負債です。「日本は借金で財政破綻する」は平成のフェイクニュースで、国賊的な悪意表現と言われました。進駐軍による日本を貧困に保つ1947年の条文を、内政が受け継いだ説もあります。

――日本と日本政府は、別ものですか?

当然で、国民が日本国を持ち、経済成長のかじ取りを託した特殊な法人グループが政府です。日本の借金とは、本来はイギリスやアメリカやドイツ、フランス、スイス、オランダなど外国からお金を借りる意味です。ところが問題の1100兆円は、日本が日本に借りた日本円です。

――日本によそからの借金なんて、本当は存在しなかったのですか?

借金には外からの借金と、内輪の借金があり、1100兆円は内輪です。借金とは名ばかりで、父が母に借りるに似た形式上の負債です。基礎的財政収支、プライマリーバランスです。商業高校の簿記科目で習う複式簿記で、青色申告で提出する作表です。貸借対照表あるいはバランスシートとも言い、表の右側に書く「貸方」と呼ぶ出費名目残高のうち、国債発行や借入金が1100兆円です。

――その借金?、負債?、赤字?を子孫へ背負わせる恐怖で、国民は震え上がりましたが?

全くの無意味。右側の赤字の正体はお金の発行量を示し、左側の黒字が増えます。母が赤字なら父が黒字です。赤字を1200兆、1300兆と、いつか一京円以上へ伸ばすことが子孫への真心です。税収50兆円で政府支出90兆なら、40兆は赤字国債で埋め続けます。GDPが増え、国民は車や家が買え、結婚と子どもが増え、科学技術特許も増えます。洪水や土砂崩れは減り、児童の交通事故も減る。企業の海外身売りも、リストラや貧困自殺も減る。赤字が増えれば経済成長、減れば衰退する道理です。日本も他国も、赤字の伸びが経済成長です。

――でも今の9倍の一京円に赤字を増やせば、大変なことになりませんか?

その懸念は「熱中症で脱水症状の人に水を飲ませろ」に対して、「水中毒で死ぬからやめろ」の極論です。4リットルを一気飲みする話でなく、コップ一杯の話です。ただし真夏の4日で4リットルならある話で、年間で風呂おけ一杯分は飲むでしょう。その累計が一京円であり、風呂一杯は飲めないからと、水分補給を断つのは不合理です。熱中症で死亡か水中毒で死亡か、両極端の二択を私は考えません。致死量を一度に飲まず、適量を飲み続けることを、私なら考えます。日本語で「程度の問題」なんて言います。

――程度はどうであれ赤字は悪だから、ゼロに減らさないと大変なことになりませんか?

政府の赤字は善です。悪でなく善。返済してゼロにすれば貨幣が消える仕組みです。赤字分は国民のサイフに入り、堤防や耐震ビルに化けます。つまり通貨発行額を赤字計上する帳簿手続きであり、損金ではなく国民の資産に変化して暮らしを支えます。経済大国は赤字が巨額で、アメリカは日本の倍の2300兆円です。

――その赤字を仮に減らしていくと、逆に何か大変なことが起きるのですか?

東日本大震災で起きました。1990年代に、福島第1原発の防潮堤をどーんと高くする計画がありました。ところが政府赤字を削減するために工事を省いたのです。事業仕分けというあれ。福島原発は2011年の津波で爆発し、2020東京は放射能オリンピックだと海外から言われ、後の祭です。赤字減らしの勘違いが招いた悪夢です。

――その勘違いを、日本国民がやめないのはなぜですか?

赤字の語のイメージです。赤字はだめだとの字面への執着でしょう。赤字が大きいほど国が富む道理を、いくら言っても聞かないガンコさです。赤字の単語恐怖症。要は経済界が民の黒字と呼ばず、国の赤字と呼んだ失策です。オレン字などと呼べばよかった。美術にも似た現象があり、明治時代にファインアートを美術と訳して、該当範囲が狭まりました。美術は美の術だという先入観が固まり、バラの花は美だが松や竹の花は美と違うよなあと、字面に引きずられました。政府負債を返済して赤字をなくす異常行動も、語感がまねいた勘違いです。言葉ひとつで思考が暴走する大脳の怖いはたらきです。

――MMT、現代貨幣理論の理解のキモはどこですか?

信用創造という概念です。英語だとマネー・クリエイション。現代人の百人中百人がお金の意味を勘違いする焦点は、お金をブツ扱いする中世風の思考です。現代のお金は情報であり、何と借用証です。誰かに何円か借りた記録用紙がお金となり使用権を得ます。無から有なので、国内で「財源はどこ」とか「金庫は空」は勘違い用語です。通貨の発行は政治家の仕事だから、お金不足に政治家が泣いて節約するのは職務放棄や国家反逆です。

――信用創造とは、誰が何をクリエイトするのですか?

銀行が貨幣をクリエイトします。銀行自身が任務としてネットに書いています。銀行融資は、通帳に数字を印刷するだけです。だから貸しても「マネー・レンタル」と呼ばない。世界で長く続けているのに、知らない人が多いのです。銀行員の半分は知っても、経済学者やノーベル経済学賞の人は軒並み知らなかったようで。お金より芸術の方が理解されている根拠は、信用創造が理解されていない点です。具体的には「国民の銀行預金を抜いた流用が国債だ」式の誤解です。立派な経済学者も誤解しています。

――銀行が集めたお金を他人に貸す話を、賢い人は説きますが、それも誤解ですか?

誤解です。銀行業務は、借りたお金を他人に貸しはしない。大事なことで二度言いますが、銀行は預金を又貸ししない。「資産家Aから預かったお金を、社長Bに貸せば合計が倍に増える」説明は間違いです。誰かの資産を回すのは中世。現代の信用創造は、銀行がお金を生みます。銀行が貨幣の総量を新規に増やします。スウェーデン、イギリス、メキシコなどは生む金額が無限で、日本は上限があります。各銀行が日銀準備預金の99倍まで勝手に創造できます。原資や担保なしで。(編集注:現在77倍の2京3千兆円が上限で、GDPの42倍相当で事実上無限)。

――でも、お金を勝手に作って増やすのが自由だと、大変なことになりませんか?

だから鮮魚店や靴下屋やスマホメーカーには、その権限がありません。銀行だけ。銀行は単に金貸しではなく、神として紙のお金を新造する権限を持ちます。先の父にお金を貸す母役は、一般銀行の信用創造です。無から有。昔から続くこの仕事の説明がMMTなのに、バッシングが続いています。世界中の銀行で今日もやる業務なのに、そんな夢話はあり得ないと怒り出す専門家が続出しました。各国で毎日やっている作業なのに、取り乱してカッカして。それでMMTは現代の地動説と言われます。

――古い知識が固定化すると、目の前の現実さえ理解不能になるのですか?

それは芸術でもいえます。日本では芸術は写実デッサンの腕だとされ、手の器用な細かい作業が芸術だという知識が広まっています。ゴッホのようなわかりやすい画家が日本で高いハードルなのは、この知識とゴッホ絵画が正反対だからです。現実のゴッホ絵画はデッサンが狂って、芸が荒くて雑です。皆が覚えた芸術の本質と正反対だから、用意したほめ言葉と一致せず理解が止まります。やがては、理屈のこね回しが始まって。

――だとすれば愛好家のゴッホ理解も、大変なことになっていませんか?

芸術は写実なりの通説に沿って、ゴッホ絵画の形態模写を賞味する傾向はやはり残っています。超高額の歴史名画にしびれますという割り切りで。誤認しても感動はできるというアート現象ですが、国家規模でやってきたのが経済原理の誤解です。結果は22年で国が傾き、中小どころか大企業も次々つぶれて海外に買収され国民も若くして亡くなり、興味本意では語れない悲惨な状況です。

――現代芸術理論では、ゴッホはどう解釈できますか?

私の現代芸術理論がMAT、モダーン・アート・セオリーだとして、「芸術の特徴は表現の裂け目である」と定義します。絵に明るい希望と深い絶望が同居して、明るいのに暗い絵でもあり、複雑な感慨を誘います。大赤字が大黒字を裏打ちする、まるでバランスシートの左右を同時に見たような絵画がゴッホです。赤字だけを見てはだめ、黒字だけを見てもだめ。「ゴッホは割り切れない変な絵だね」と感じた人は、絵画表現のプライマリーバランスを見たのです。

現代美術とCGアートの疑問と謎 もくじへ 現代美術とCGアートの謎と疑問に答えるQ&A もくじ
電子美術館へ戻る 電子美術館へ戻る
Copyright(C)2005 21SEIKI KOKUSAI CHIHO TOSHI BIJUTSU BUNKA SOZO IKUSEI KASSEIKA KENKYUKAI. All Rights Reserved.